1. TOP
  2. 小豆水ダイエットの方法や作り方効果は?

小豆水ダイエットの方法や作り方効果は?

ダイエット この記事は約 5 分で読めます。

小豆水(あずきすい)ダイエットをご存知ですか?

テレビでも紹介された小豆水ダイエットは、飲むだけで痩せるまさに夢のダイエット方法なのですが、そもそも小豆水とはなんなのでしょうか?

小豆水の作り方やダイエットの方法、効果についてわかりやすく解説します。

小豆水ダイエットの方法や作り方効果

小豆水ダイエットってなに?

小豆水は、小豆を煮た際のゆで汁のことです。小豆水ダイエットでは、この本来は捨ててしまう煮汁である小豆水を飲みます。

小豆の栄養は水に溶ける水溶性のものなので、実はこのゆで汁に栄養が流れ出てしまっているのです。

小豆水には小豆の栄養がたっぷりふくまれているので、ゆでた小豆を食べるより効果的と言えます。

小豆水ダイエットの方法

 

peaceさん(@ku.channel)がシェアした投稿

 

小豆水ダイエットの方法はとってもシンプル。1日3回、毎食前30分以内に飲むだけです。

飲む量はバラバラでも大丈夫ですが、1日に300ミリリットル以上飲むようにしましょう。

あまり飲み過ぎると下痢などを起こす可能性があるので、1リットル以上を超えないようにしてください。

小豆水を作る際に出来るゆで小豆も食べると、栄養を補えたり満腹感が出たりするのでダイエット効果アップ!(ゆでた量で1日あたり100グラムまで)。

ダイエットなのでもちろん甘いものは食べてはいけません。おなかが減ったらゆで小豆を食べましょう。

もし我慢できない場合は、ほんの少しの量ならスイーツを食べても大丈夫です。ちなみに、小豆水を飲んでいると、おなかが空きにくくなり、食欲もわかなくなると言われています。

この小豆水ダイエットは短期的に行うために考案されたものなので、1~2週間程度継続するのを目安にしてください。

一度この小豆水ダイエットを数週間行ったら、連続しては行わず、再び再開するまでに期間をおいたほうが良さそうです。

 

てちさん(@yuka12106982)がシェアした投稿

こんな感じでボトルに入れておけば持ち運びも可能です。

小豆水の作り方とは?

小豆水を作るために用意するのは、水と小豆だけ!小豆水はあまり日持ちしない上、栄養素が壊れないようにするために、その日に飲む分を毎日作りましょう。一日分の小豆水500ミリリットルを作るための分量は、水500ミリリットルと小豆50グラムです。

洗った小豆と水を小鍋に入れて、30分茹でます。吹きこぼれないように注意しましょう。

だんだん水が小豆色に変化してくると思います。茹で終わったら、小豆をザルなどで濾してください。人肌程度まで冷めたら完成です。

 

動画だとこんな感じですね。

小豆水ダイエットの効果

小豆含まれる栄養素のうち、特にダイエットに効果的なのが「カリウム」と「サポニン」です。

この2つの栄養素は、どちらも利尿作用を持っていて、余分な糖質や脂質を水分と一緒に体外に排出する役割があります。尿として体外にきちんと排出することで、むくみ予防の効果もあります。

また、小豆にはビタミン類が含まれていて、特にビタミンB類は代謝アップ、ビタミンEはアンチエイジングに効果があります。

これらのビタミン類は、より痩せやすい身体にしてくれるだけでなく、シワやシミのない美しい肌を作るのにかかせないダイエット面でも美容の面でも必要な栄養素なのです。

また、小豆にのみ含まれる小豆ポリフェノールには、絶大なダイエット効果があります。

小豆ポリフェノールは脂肪の吸収を抑え、血糖値の上昇をゆるやかにする働きを持っています。この小豆ポリフェノールを食前に摂取しておけば、食後の血糖値の上下がゆるやかになり、次の食事までの空腹感も抑えることが出来ると言えます。

また、脂肪の吸収を抑えてくれるのでダイエット効果があるのです。小豆水を作る際にできるゆで小豆も、便秘改善や満腹感を得るのに役に立ちます。

小豆には栄養価が豊富に含まれている

大豆にたんぱく質が豊富に含まれているのは有名ですが、小豆にもたんぱく質がたっぷり含まれています。

なんと小豆の約22パーセントがたんぱく質。アミノ酸スコアは82で、多くの種類のアミノ酸をバランスよく含んでいる理想的な食品です。

お米やじゃがいものアミノ酸スコアは60~70程度なので、いかに小豆の栄養価が優れているかが伺えます。

美肌効果や、エネルギー代謝を助ける効果があるビタミンB1やビタミンB2、ダイエットに効果的なカリウムやサポニンが豊富に含まれているのはご紹介したとおりです。

特にサポニンは、他の食材と比べて多量に含まれています。小豆には小豆ポリフェノールが豊富に含まれていて、その量は小豆100グラム辺り460ミリグラム。

赤ワインのポリフェノール含有量300ミリグラムより多く、強い抗酸化作用を発揮します。

身体を劣化させる活性酸素を減らして、アンチエイジングに役立ちます。

小豆には亜鉛や鉄分、カルシウムなどのミネラル分も含まれています。ダイエット中に不足しがちなこれらの栄養素も、小豆水にはふくまれているので安心ですね。

まとめ

小豆ダイエットは、簡単でかつ効果もある理想的なダイエット。短期間で終わるのも嬉しいですよね。小豆水は手間なく作れるから続けやすいのもポイント。空腹に悩まなくてもやせられるダイエット方法です。ぜひ試してみてくださいね!

また、美肌を作るうえで大切な栄養素はタンパク質って事は知っていましたか?

興味がある人は合わせてこちらの記事もご覧下さい。

\ SNSでシェアしよう! /

Holiday Fanの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Holiday Fanの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ホリファン編集部

ホリファン編集部

”休日を楽しむ”ことをモットーにサイトへ遊びに来て頂いたお客様の
お役に立てる情報を編集部で力を合わせて配信しております。