1. TOP
  2. 【2017年決定版】ベルテントがおすすめの25の理由

【2017年決定版】ベルテントがおすすめの25の理由

 2017/03/26 アウトドア この記事は約 21 分で読めます。

グランピング人気に伴い、注目を浴びているベルテント。そのデザイン性の高さがオシャレなキャンパーの間で話題になっています。

この記事ではベルテントの特徴や機能性、ベルテントにマッチしたアイテムなどを特集しております。おすすめのベルテントのブランドについてもご紹介していますので参考になれば嬉しいです。

ベルテントの特徴や機能性について

1、ベルテントの特徴

 

Bell

 

ベルテントはサイドが立ち上がってベル(鈴)のような形をしている事からその名が付けられました。ワンポールテントのネイティブインディアンのティピテントやモンゴルのゲルのような作りが特徴です。

ベルテントの大きさですが主流は直径が5m程のベルテントが人気です。

話題のグランピングスタイルにも採用されているデザイン性に富んだテントになっています。

 

2、ベルテントの設営の仕方

 

ワンポールテントですので設営も非常に簡単で女性1人でも設営可能なところも魅力の1つです。

グランドシートを広げてポールを立てて形を整えれば出来上がりなので説明も楽ちんです。

ご参考までにベルテントの設営の動画はこちらになります。

 

 

3、見た目が良い

 

 


やはり見た目の良さは数あるテントの中でもトップクラスです。

 

どんなフィールドにもマッチしますね♪

 

 

明かりを灯せばこんなに幻想的な雰囲気も演出してくれます。

 

 

海外ではスモールウエディングの舞台としても使用されているようです。
素敵ですね♪

 

 

外観だけでは無くテント内も移住性が高い為、このように自宅のリビングの使用が可能です。
3、4泊するような日程ならフル装備で挑んだらとても快適ですね。

またエントランスがAの形になっており出入りが非常に楽な構造になっています。
大きめのソファーやベッドも楽々搬入が可能です。

 


このように夏はサイドをロールアップしてフロアシートとセパレート出来るのでフライングスタイルとしても使用可能です。

これもまたオシャレで快適ですね。

 

4、ベルテントは雨の時どうするの?

雨の時のキャンプですがコットン幕100%でも
雨漏りの心配はありません。

ただコットンですので濡れるとやはりかなり重くなるようです。濡れたまま放置しておくとカビの繁殖にも
繋がりますので濡れたら必ず干しておくことおすすめします。

尚、多少の汚れなどはコットンですので水洗いが
可能なようです(詳しくは購入先へ要確認)

 

5、冬でも効果を発揮してくれるベルテント

 

pecoさん(@harapecodesu)が投稿した写真

 

ベルテントの素晴らしいところは冬でも効果を発揮してくれるところです。
通常、ベルテントはコットン幕ですので(メーカーによってはポリエステルを含んだ素材もございます)
火の粉を降りかかっても燃えにくい特徴があります。ですのでテント内で薪ストーブを炊くことも可能です。

メーカーによっては元々煙突用の穴が設置されているデザインもありますが
この動画のように自分で穴を自作することも可能です。笑

 

素晴らしい行動力ですね。笑
もし薪ストーブを使用する際は必ず一酸化中毒に注意して安全に行って下さい。

他にもアンティークの石油ストーブもベルテントにはマッチします。

 

 

おすすめのベルテントブランドやデザイン8選!お値段や性能を比較

 

6、CanvasCamp

CanvasCamp

banner_bell_tent_02

 

日本でもっとも有名なベルテントのブランドです。
海外発祥のブランドで日本にも代理店があります。

人気のテントは”SIBLEY 500 ULTIMATE”のようです。
価格109000円

高級な厚手のコットンを使用している為、耐久性も高く長く使用して頂けます。
完全防水仕様でフロアシートと幕は取り外し可能ですので夏にはフライングスタイルが可能です。
現在複数の雑誌にも取り上げられていて名実とめに日本を代表するベルテントメーカーです。

 

7、Stout tent

Stouttent

 

Friday like you mean it. 📸 cred: the talented @jillrichardsphotography #stouttent #belltent #glamping #arizona #friyay

Stout Tentさん(@stouttent)が投稿した写真 –

 

こちらはアメリカ、アリゾナ州に拠点を置く海外ブランドです。ブランディング力に長けている非常に魅力的なブランドです。
ベルテントの金額はやや高めですが同ブランドのインスタグラムは空間づくりやコンセプト作りに非常に参考になる写真が沢山あります。

Stout Bell Tent – Ultimate 5000 価格$967.00(日本円約100000円)

Stouttentのインスタグラムはこちらから

 

8、Boutique Camping

Boutique Camping

遊び心のあるデザインが特徴の海外ブランドのベルテントです。

デコレーション用のアイテムも充実しており女性にも人気のメーカーです。

色が可愛いですね♪

残念なことに日本に代理店が無い為、直接英語で交渉しなかればいけません。問い合わせたところ日本への発送も可能なようです。非常に人気のブランドの為、すぐに欠品するよう事前確認は必須です。

ちなみにこちらのデザインは床が5mで£589です。これとは別途にテント重量が29kgですので送料は20000円程掛かりそうです。

 

9、Belltent UK

Belltent UK

 

 

 

2006年創立の英国ブランドです。こちらは煙突穴が常設されているモデルですので薪ストーブも使用可能です。またはオリジナルの薪ストーブも販売されているのでセットで購入される方も多いようです。翌々年からベルテントを使ったホテル営業も開始しており、そちらの売上も好調のようです。

 

Hotel Bell Tent Hotel Bell Tent 2016 Production Trailer from Hotel Bell Tent on Vimeo.

5 metre Ultimate Bell Tent 価格£579

 

10、NORDISK

NORDISK

Nordisk_cotton_tent_Asgard_19_6_450x355px_04

北欧を意味する「NORDISK」をそのままブランド名に冠した老舗アウトドアブランドです。

日本でも非常に人気のあるブランドです。日本にも代理店があるので国内でも購入可能です。
Asgard 12.6m2 フロアシートが付いて168,800円(税込)です。
やや高めのイメージですがノルディスクは売れています。笑

ポリエステル混合幕ですので
コットン100%に比べて軽いのが特徴です。

 

11、番外編〜ノーブランドのベルテント〜

ben

 

 

こちらは番外編のノーブランドのベルテントです。現在ではAmazonなどで販売されています。ノーブランドですがコットン幕100%と品質は非常に高く、グランドシートも付いています。

価格帯は直径5mのベルテントで約50000円程とコットン幕100%でこの価格は非常にコスパの高いベルテントです。

ベルテントの口コミ

ベルテントはブランドによって素材や価格が様々ですがAmazonで売られているノーブランドのベルテントの口コミは

ノーブランドでしたので品質を心配していましたが問題なく使用する事が出来ました。満足しています。
ベルテントを常設していましたがカビが生えてしまいました。常設には向かないようです
コットンの風合いがとても気に入ってます。重さはありますがやはりコットン幕は高級感が出てグランピングにも向いていると思います。次のキャンプも楽しみです

ちょっと変わったデザインのベルテント達

12、メステント

 

 

 

ロッジ型のベルテントです。まるで住んでいるように暮らす事が出来て海外ではウエディング会場としても利用されている様です。

 

中も広々♪

13、ロータス(蓮型)ベルテント

 

Yanさん(@msyan_)が投稿した写真

蓮(はす)の形をした可愛いロータスベルテント。デザイン的にも優れていてベルテント同様に非常に人気が高いテントです。

 

森に合いますね♪最近では日本のキャンプ場でもロータスベルテントを常設しているキャンプ施設もあるようです。

 

ベルテントを演出するキャンプアイテムやインテリア達

ベルテントでキャンプをする1番の目的はやはりオシャレ。
そんなキャンプを一段とハイセンスに演出するアイテムの数々をご紹介します。

 

14、キャンプフラッグ(ガーランド)

 

キャンプフラッグをカラフルに使用することによって単色のベルテントと

ちょうどいいバランスが生まれて更にオシャレ度がアップします。

 

 

こんな感じで華やかな雰囲気を演出してくれます。

 

15、ダッチオーブン

 

キャストアイアン(鋳鉄)の特徴は熱をじっくり食材に伝えることが出来ることです。
アウトドアの雰囲気を最大限に引き出してくれるアイテムです。
ダッチオーブンの有名ブランドどしてLODGEさんのダッチオーブンが人気です。

 

16、伸縮式のウッドラック

 

 

出店:ヨドバシカメラ

伸縮可能な便利なウッドラックです。
3段ラックで調味料やお皿などを置くスペースに大変便利です。
また伸縮式の為キャンプの行き帰りはコンパクトに畳んで収納が可能です。

写真 2016-05-23 16 35 45 2

 

大変重宝しますよ♪私達も使っています。

 

17、ピクニックバスケット

 

 

 

ピクニックバスケットはそのデザインも去る事ながら収納にも大変便利です。
コップやお皿、着替えなどを入れてキャンプに出掛けましょう!
そのまま居住空間に置いていてもインテリアとして映えます♪

 

18、ウォータージャグ

 

お揃いみたいでカワイイ #イグルー#マーキュリーバケツ

Reo-the-big-headさん(@leonard_deka_atama)が投稿した写真 –

 

キャンプに欠かすことの出来ないジャグ。
igloo(イグルー)のウォータージャグはAmazonでも購入可能です。
他にもビンテージのigloo(イグルー)は感度の高いキャンパーには人気です。

 

こんなの作ってみた。 #ジャグスタンド#自作#キャンプ#igloo#木工#DIY#イグルー

やっちゃんさん(@y_k0604)が投稿した写真 –

 

19、クーラーボックス

 


『熊に襲われても壊れない』でお馴染みのYETIのクーラーボックスです。笑
よくキャンプ場でもお見かけするモデルです。

 

 

 

RIMG2300

 

その他にはコールマンのビンテージクーラーボックスも大変人気です。

カラーバリエーション豊富で軽いのに丈夫です♪
ヤフオクなどで購入可能です。

 

20、ランタン

 

 

LEDランタンも良いですがやはりなんと言っても人気はビンテージのコールマンランタンです。
柔らかい炎の明かりの中で飲むお酒は最高です。

 

 

人気モデルはこちらのコールマン200Aというモデルです。

21、チェア

 

 

 

キャンプには欠かすことの出来ないチェア(椅子)
悩みとしてはかさばるので収納が大変といったイメージですがこちらのHelinox(ヘリノックス)のチェアワンシリーズは
収納時はコンパクトで重さも1kg未満と非常に人気のモデルです。
最近ではBEAMSやNEIGHBORHOODなどともコレボレーションしてダブルネームのチェアシリーズがリリースされています。
デザインもオシャレですのでベルテントにもマッチしますよ♪
ただ大人気過ぎてキャンプ場でのダダ被りにご注意を。笑

 

22、ネイティブラグマット

 

 

ネイティブラグマットはカラーバリエーション豊富なデザイン性からグランピングの必須アイテムとなっています。
やはり一枚あるだけで空間が映える色使いが人気のようです。
ネイティブラグマットは楽天市場で購入が可能です。
楽天市場

 

23、ビンテージストーブ

 

brothers.. #perfectionheater #keroseneheater #antiques #madeinusa

Masaさん(@fat_masa)が投稿した写真 –

冬のシーズンにはこちらのビンテージストーブもお勧めです。中でもパーフェクションストーブは素敵なデザインで100年以上前のお品にも関わらず現在でも人気です。

24、コットン幕タープ

 

ベルテントにも合う優しい色合いのコットン幕タープです。

おすすめはやはりムササビウイングですね♪

コットン幕ですので多少の火の粉なら気にならないです。私も使っています。

 

25、まとめ

ベルテントの特徴とベルテントにマッチしたアイテムの数々をご紹介させて頂きました。
是非あなたのオリジナルのスタイルが見つかり、キャンプシーンが忘れられないものになることを
お祈りしています。

ご覧頂きありがとうございました。

アウトドアの定番

ベルテントのお供に

簡単なのに美味しいホイル焼きはこちら

また、アウトドアには紫外線や日焼け対策は必須です。特にアウトドアシーンでは紫外線が強い事が多いので女性はケアが必要です。
男性も同行する女友達や恋人、家族の為に知識を付けていると喜ばれますよ♪

アウトドアでの日焼けや紫外線対策の記事はこちら

 

\ SNSでシェアしよう! /

Holiday Fanの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Holiday Fanの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ホリファン編集部

ホリファン編集部

”休日を楽しむ”ことをモットーにサイトへ遊びに来て頂いたお客様の
お役に立てる情報を編集部で力を合わせて配信しております。