1. TOP
  2. ベルテントに合ったコットンタープのおすすめは?

ベルテントに合ったコットンタープのおすすめは?

 2016/10/13 アウトドア この記事は約 5 分で読めます。

テントをコットン幕のベルテントにするならタープも合わせてコットン幕にしたいところですよね。
ではベルテントと合わせるタープはどれがおすすめなんだろう?

ずばりそれはムササビウイングのタープがおすすめです。

機能やデザイン、日本のコットンタープでは群を抜いているかと思います。
それでは見ていきましょう。

ムササビウイングとは?

musa

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出典:http://www.tent-mark.com/musasabi-wing/takibi_ver.php

ムササビウイングはtent-Mark DESIGNSさんから発売されているコットン幕のタープです。
張った時のフォルムからムササビの名が付けられました。

通常タープはMSRなどのポリエステル素材が主流ですが
「焚き火の小さな炎の揺らめきを眺めながら、満天の星空の下眠りたい」というコンセプトの元、
製品が開発されました。具体的にはコットンとポリエステルの混紡生地ですので
完全防炎では無いのでご注意を(そもそもコットンも燃えますからね笑)

一応公式サイトではタープ内での焚き火は禁止になっていますね。

●素材:ポリエステル×コットン混紡(表面撥水処理)
●サイズ(約):390×380/240(幅)cm
●重量(約):本体/1,900g、総重量/2,150g
●付属品:収納袋、張綱/φ4mm×4.5m×1本、φ4mm×3.5m×3本、φ4mm×1.5m×2本
※ポール、ペグは別売りになります。
本体価格¥16,800 + 税

 

#秋キャンプ#おしゃれキャンプ #道志の森キャンプ場#canvascamp#シブレー400#ムササビウイング#コットン#シボレー#アバランチ

te2ya [email protected](@te2ya_1028)が投稿した写真 –

 

夜バージョン。 後ろのグラウンドが明るく見えるけどそこまで実際には気にならないほど。 それよりも隣の隣サイトがマナー悪くて残念… 隣だった、初キャンプみたいな家族は 可哀想だったなぁ。 せっかく初めてのキャンプだっただろうに。 マナーを守って欲しいもの。 我が家も守っていこう。 #ig_japan #icu_japan #wu_japan #wp_japan #team_jp_ #loves_nippon #Lovers_Nippon #igersjp #jp_gallery #phos_japan #東京カメラ部 #tokyocameraclub #japanfocus #whim_life #whim_fluffy #Airy_pics #bestjapanpics #ファインダー越しの私の世界 #outingstylejp #キャンプ #シロクマ #アルフェイム #ノルディスク #nordisk #テンマク #ムササビウイング #手作りキャンプギア #城ヶ原オートキャンプ場 #九州ig会

erika*さん(@erii_foto)が投稿した写真 –

 

 

 

やはり色が優しいサンドベージュなので山でも海でもどんなキャンプシーンにもマッチします。

それとポリエステルとコットンの混紡の良いところは軽量なところです。
これならバイクでのソロキャンプにも持っていけます。

ソロキャンでもタープの有る無しでは大きく変わってきますからね。

まとめ

今回はベルテントに合うおすすめのコットンタープをご紹介しました。
ベルテントとムササビウイングの詳しい記事は下記から合わせてご覧下さい。

 

 

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

Holiday Fanの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Holiday Fanの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ホリファン編集部

ホリファン編集部

”休日を楽しむ”ことをモットーにサイトへ遊びに来て頂いたお客様の
お役に立てる情報を編集部で力を合わせて配信しております。