1. TOP
  2. ココナッツバターが美容やダイエットに効果的な理由とは?

ココナッツバターが美容やダイエットに効果的な理由とは?

ダイエット この記事は約 6 分で読めます。

ココナッツの実からできたバターがあるということ、ご存知ですか?

バターといえば、料理やお菓子作りにかかせないアイテムのひとつ。パンに塗って食べても風味が出て美味しいですよね。

しかし、バターと聞くだけで脂質が多く太りやすいイメージを抱きがちです。ダイエットや美容のことを考えるとつい敬遠してしまう人もいるのではないでしょうか。

そんな方にこそ、今回紹介するココナッツバターをおすすめします。実はココナッツバターは、美容やダイエットに効果的な性質を持っているのです。

これは原料となっているココナッツに秘密があります。どのような働きをしてくれるのか、これから詳しく説明していきます。

ココナッツバターが美容やダイエットに効果的な理由とは?

2、ココナッツバターとは?

ココナッツバターは、固形胚乳と呼ばれるココナッツの実の内側にある白い果肉が原料となっています。

固形胚乳を絞り油脂分のみを抽出したものがココナッツオイルですが、ココナッツバターは、固形胚乳を丸ごと利用してクリーム状になるまですりつぶしたものです。

ココナッツの果肉をそのまま使っているため、油脂分だけでなく、食物繊維やたんぱく質、酵素、ビタミン、ミネラル、鉄分などいった栄養素まで豊富に含まれています。

ココナッツオイルに比べて用途は限られるものの、高い栄養価に加えてミルキーな食感とココナッツの香りが好まれ、現在ますます注目を集めている植物性食材のひとつです。

3、ココナッツバターの効果とは?

ココナッツオイルに多く含まれていることで知られる中鎖脂肪酸ですが、当然ココナッツバターにも豊富に含まれています。

中鎖脂肪酸は他の一般的な油脂に含まれている長鎖脂肪酸と異なり、摂取したあとすぐにエネルギー源に変わって代謝を促進してくれるという大きな特徴があります。

つまり体内に無駄な脂肪が溜まりにくくなり、その上すでに体内にある脂肪まで一緒に燃焼してくれるのです。

さらに、ココナッツバターは固形胚乳をそのまま使って作られるので、ココナッツオイルよりも食物繊維が豊富。

そのため便秘解消や腸内整腸効果をより高く得ることができます。

それなのにココナッツオイルより脂質の割合が低く低カロリーなのは嬉しいポイント。

ビタミンやミネラル、鉄分など、豊富な栄養素も含まれているため、シミ・しわ予防やアンチエイジングにも効果的で、血液をサラサラにする働きまであります。

4、ココナッツバターに含まれる中鎖脂肪酸が注目を集めている

食品に含まれる脂肪酸が長鎖脂肪酸ではなく中鎖脂肪酸であるというだけで、どれほどの違いがみられるのでしょうか。中鎖脂肪酸の特徴をみていきましょう。

健康の改善に効果的

中鎖脂肪酸は長鎖脂肪酸に比べて炭素の数が少ないため、水になじみやすい特長をもっています。

長鎖脂肪酸は体内に入ったあと、小腸から消化・吸収されて、リンパ管や静脈を通ってから脂肪組織や筋肉、肝臓に運ばれます。

その後必要に応じて分解・貯蔵されます。一方中鎖脂肪酸は、すい糖などの水に溶けやすい成分と同じように、小腸から門脈を経由したあとは、直接肝臓に入って分解されます。

このように消化・吸収された後のルートが大きく異なるため、中鎖脂肪酸は、長鎖脂肪酸と比べると4〜5倍も速くエネルギー源となって代謝されるのです。

体内に脂肪が溜まりにくく速やかに代謝されるこの性質から、ダイエットにも効果的と言われています。

また、中鎖脂肪酸は酸化安定性に優れているという特徴もあります。酸化が始まった油脂はがん発生の原因とも言われている過酸化脂質に変化しますので、中鎖脂肪酸はがん予防の効果もあります。

またこの性質によって、長期間の保管が可能になります。

美容効果にも効果的

それだけでなく、中鎖脂肪酸に含まれる脂質は体内で代謝されると脂肪酸とグリセロールに分解されます。

グリセロールには高い吸湿力がある事がわかっており化粧品などにも配合されている成分です。グリセロールの主な効果としては肌に潤いを与えたり、肌への保湿効果などが有名です。更に便秘解消効果もあります。

中鎖脂肪酸にはこれらの原料となる脂質を素早く代謝する効果があるのでアンチエイジングにも良いと言う事になります。

ココナッツバターのレシピ

1、ザックザク自家製グラノーラ

出典:クックパッド

材料
(天板1枚分)
オートミール90g
全粒粉60g
ミックスナッツ(無塩)60gくらい
◆ココナッツバター(溶かした物)45g
◆牛乳40g
◆ココナッツシュガー30g
◆メープルシロップ30g
ドライフルーツお好みで

 

Cpicon 糖質オフ ザックザク自家製グラノーラ by yum55

2、リンゴとさつまいものデザート

出典:クックパッド

材料 (4人分)
さつまいも小2本
リンゴ1個
ココナッツオイル(バターでも可) 大さじ2杯
ハチミツ 大さじ2杯
レモン汁小さじ2杯~3杯
白ワイン(さつまいもにかける) 大さじ1杯

 

Cpicon リンゴとさつまいものデザート♪ by 黒乃ザクロ

3、燻製パプリカ味のココナッツオイルバター

材料
バター6g
オーガニックエクストラバージンココナッツ4g
燻製パプリカフラワー小匙 1

 

Cpicon 燻製パプリカ味のココナッツオイルバター by サジー

5、まとめ

ココナッツに含まれる中鎖脂肪酸のおかげで、様々な効果が得られることがわかりましたね。

ココナッツバターは通常のバターのように使えますので、トーストやパンケーキなどと合わせて食べるのが一番手軽でおすすめです。

多少のココナッツの風味はありますが、もちろん普段の料理やお菓子作りに使ってみてもいいでしょう。

市販されているココナッツの実を使ってとても簡単にホームメイドのココナッツバターが作れるので、興味があれば挑戦してみてください。より美しくより健康になるために、ココナッツバターを試してみてはいかがでしょうか。

\ SNSでシェアしよう! /

Holiday Fanの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Holiday Fanの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ホリファン編集部

ホリファン編集部

”休日を楽しむ”ことをモットーにサイトへ遊びに来て頂いたお客様の
お役に立てる情報を編集部で力を合わせて配信しております。