1. TOP
  2. 代替医療の定義や種類とは?

代替医療の定義や種類とは?

 2016/12/05 健康 この記事は約 4 分で読めます。

代替医療という言葉をご存知でしょうか?

代替医療とは元々アメリカで生まれた医療です。誕生は1960年と以外に古く、90年台後半にはアメリカ国民の約40%がこの代替医療を受けているいうデータもあります。

この記事では代替医療が生まれた経緯や代替医療の種類などをまとめましたのでご参考にして頂ければ幸いです。

代替医療の定義

西洋医学以外の療法を代替医療と言います。代替医療のほとんどは保険適応外です。一方鍼灸や漢方などの東洋医学を伝統医療と呼んでいます。

アメリカで代替医療が誕生した背景とは?

アメリカは日本と異なり国民皆保険制度はありません。日本にいる私たちはお互いの医療費を支え合う世界的にみても水準の高い制度の元で暮らしています。

しかし医療大国アメリカにはこうした制度は無く病院にかかるだけで高額な医療費を請求されます。こうした現状を打破する為にも政府も国民も代替医療は必要な療法だったのです。

尚、現在いくつかの代替医療は保険適応医療として確立されているものもあります。

代替医療の種類

代替医療の種類はヨガ、瞑想、カイロプラティック、サプリメント、ハーブ療法、食事療法、音楽療法、また日本にも馴染みのある東洋医学も含まれます。

アメリカで日本食が流行っているのもファーストフード志向の強いアメリカ人の食生活を改善する為の代替医療とも言えます。実際に瞑想などは現在ではストレス低減療法のマインドフルネス瞑想としてマサチューセッツ大学でも研究されています。

 

代替医療が近年変わってきている

近年代替医療は患者の症状回復を最大の目的とした補完的健康アプローチに変化してきている。

これは要約すると西洋医学も代替医療もそれぞれの良い所を取り入れて症状を改善していきましょうと言う考え方です。実際に厚生労働省の「統合医療」情報発信サイトにもこの内容は掲載されています。

いわゆる「統合医療」は、近代西洋医学と相補(補完)・代替療法や伝統医学等とを組み合わせて行う療法であり、多種多様なものが存在します。 社団法人日本統合医療学会によると、「統合医療とは、さまざまな医療を融合し患者中心の医療を行うものです。科学的な近代西洋医学のみならず、伝統医学と相補(補完)・代替医療、更に経験的な伝統・民族医学や民間療法なども広く検討しています。」とされています。 厚生労働省

時代は予防医学の時代へ

高額な医療費を支払わざる負えないアメリカの医療問題においてアメリカ国民の予防医学への意識は非常に高まっています。またアメリカでは1994年に栄養補助食品健康教育法が当時のクリントン大統領政権の元、誕生しました。これによりサプリメントなどの栄養補助食品を処方する行為が医療認定行為として認められました。日本でもサプリメントは多くのメーカーが発表していますがまだまだサプリメントの知識はアメリカから何年も遅れていると言われています。

まとめ

今回は簡単に代替医療についての定義や種類をご説明しました。代替医療は病気を未然に防ぐ為の療法でもあります。あなたに合った出来れば楽しく続ける事が出来る代替医療を取り入れる事で病気のリスクを軽減する事が出来ます。

ご覧頂きありがとうございました。

他にもストレスが私達の体を攻撃して最悪の場合は死をもたらすキラーストレスについての記事はこちらをご覧下さい。

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

Holiday Fanの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Holiday Fanの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ホリファン編集部

ホリファン編集部

”休日を楽しむ”ことをモットーにサイトへ遊びに来て頂いたお客様の
お役に立てる情報を編集部で力を合わせて配信しております。