1. TOP
  2. 【健康に良い】中鎖脂肪酸の多い食品まとめ

【健康に良い】中鎖脂肪酸の多い食品まとめ

ダイエット 健康 この記事は約 5 分で読めます。

最近よくCMや広告で「中鎖脂肪酸」というワード、目にしませんか?

しかし「どうも健康にいいらしいけど実態はよくわからない」という方、多いのではないでしょうか。

実はこの脂肪酸、知れば知るほど健康にいいことばかりなのです。よくわかっていない人も、この記事を読み終わる頃には間違いなく中鎖脂肪酸の万能性に魅せられているはずです。

どのような理由で健康に良いのか、詳しくご紹介します。

中鎖脂肪酸の多い食品まとめ

1、中鎖脂肪酸とは

中鎖脂肪酸は、ココナッツやパームフルーツなどヤシ科植物の種子の核の部分に含まれる天然成分です。

植物油に含まれるオレイン酸やリノール酸と同じ脂肪酸の仲間です。中鎖脂肪酸の最大の特徴は、迅速で優れた消化吸収能力を持つことです。

他の脂肪酸を含む油脂類は消化ルートが複雑なため、代謝されるのに時間がかかります。

中鎖脂肪酸はココナッツオイル、パームオイル、母乳、牛乳などに含まれています。

中でもココナッツオイルには約60%の中鎖脂肪酸が含まれていて、100%中鎖脂肪酸で作られているMCTオイル(MCT:Medium Chain Triglyceride=中鎖脂肪酸油)というものもあります。

2、中鎖脂肪酸の特徴

健康効果に繋がる中鎖脂肪酸の4つの大きな特徴をあげてみましょう。

1、加熱しても成分が壊れない

通常の食用油は160℃以上加熱すると成分が壊れ、酸化が始まります。

(オリーブオイルは180℃前後)酸化が始まった油はがん発生の原因とも言われる過酸化脂質に変化し、身体に有害な影響を及ぼします。

ところが中鎖脂肪酸は通常の食用油よりはるかに加熱に強く、200℃まで加熱しても成分が壊れず酸化がおきません。

2、酸化しにくい

加熱による酸化が起きにくいだけでなく、中鎖脂肪酸の含まれたオイルは常温でも酸化しにくいため、長期間保管することができます。

水分などに注意していればココナッツオイルは約2年、MCTオイルは約3年持つと言われています。

3、水分への浸透性が高い

脂肪酸には、炭素数の一番少ない短鎖脂肪酸、その次に少ない中鎖脂肪酸、そして一番多い長鎖脂肪酸の3種類があります。

この炭素数が少ないほど水分に馴染む特性を持ちます。「水と油」という表現があるように、通常の油は長鎖脂肪酸が含まれているため水には馴染みません。

しかし中鎖脂肪酸はそれよりも炭素数が少ないため、水分に馴染みやすいのです。

コーヒーに牛乳を入れても分離しないのはそのためです。

4、短時間でエネルギーに変わる

中鎖脂肪酸は迅速にエネルギーに変わります。そのためダイエットに向いているといわれています。

短時間でエネルギーへの変化するのは、さきほどお話した水分に溶けやすい性質が大きく関係しています。

水分に溶けにくい長鎖脂肪酸は、小腸で吸収されたあとリンパ管・静脈を通って肝臓に運ばれます。

しかし中鎖脂肪酸は水分に溶けやすいので、小腸から門脈を通過したあと、直接肝臓に蓄えられるのです。さらに消化吸収をする際に消化酵素を必要としないので、中鎖脂肪酸は通常の4倍で吸収されます。

肝臓に到着すると分解の過程でケトン体を生成し、血液中に放出されてエネルギーとして活躍します。

つまり、エネルギーになるまでのスピードは長鎖脂肪酸と比べて10倍近く速いのです。

3、中鎖脂肪酸を多く含む食品まとめ

中鎖脂肪酸は以下のような食品に含まれています。

中鎖脂肪酸を多く含む食品まとめ
・MCTオイル(100%)

・ココナッツオイル(約60%)

・ヘルシーリセッタ(約11%)

・パームオイル(5~10%)

・母乳、牛乳(3~5%)

MCTオイルは中鎖脂肪酸のエネルギーになりやすい特性から医療現場やスポーツ分野における栄養補給や生活習慣病の予防、ダイエットなど様々な用途で活躍しています。

またココナッツオイルは、割合で見るとはMCTオイルより低いものの、一番自然の素材に近いため美容などへの効果も高く、とくに女性からの人気が高まっています。

中鎖脂肪酸を生活に取り入れるための参考にしてみてください。

5、中鎖脂肪酸が美肌に効果的な理由

中鎖脂肪酸に含まれる脂質は体内で代謝されると脂肪酸とグリセロールに分解されます。

グリセロールには高い吸湿力がある事がわかっており化粧品などにも配合されている成分です。グリセロールの主な効果としては肌に潤いを与えたり、肌への保湿効果などが有名です。

更に便秘解消効果もあります。

中鎖脂肪酸にはこれらの原料となる脂質を素早く代謝する効果があるのでアンチエイジングにも良いと言う事になります。

まとめ

こんなにいい事だらけの中鎖脂肪酸を生活に取り入れたら、健康にぐんと近づけますよね。

実は抗菌効果や血液サラサラ効果まであり、虫歯や生活習慣病、心臓病の予防にもなると言われています。

普段使いの油を急にMCTオイルやココナッツオイルに切り替えるのは経済面で少し現実的ではないかもしれませんが、長いスパンで自分の健康について考えたら、高くないのかもしれません。

体に負担をかけることなく健康が保てるよう、中鎖脂肪酸生活、始めてみてはいかかでしょうか。

こちらの記事もよく読まれています

\ SNSでシェアしよう! /

Holiday Fanの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Holiday Fanの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ホリファン編集部

ホリファン編集部

”休日を楽しむ”ことをモットーにサイトへ遊びに来て頂いたお客様の
お役に立てる情報を編集部で力を合わせて配信しております。