1. TOP
  2. マルチレベルマーケティングとねずみ講の違いとは?事前に知っておくべき7の事

マルチレベルマーケティングとねずみ講の違いとは?事前に知っておくべき7の事

 2017/02/05 マネー この記事は約 10 分で読めます。

マルチレベルマーケティングとねずみ講は一緒なのか?それとも全く違うものなのか?以前からマルチレベルマーケティングとねずみ講は世間の一般認識では一緒のくくりとして考えられている多い様です。

実際にマルチレベルマーケティング(通称MLB)のビジネスをされている人でも具体的にマルチレベルマーケティングのねずみ講の仕組みの違いを理解していない人も非常に多い様です。今回はマルチレベルマーケティングとねずみ講が一体どんな違いがあるのか詳しく解説していきます。

 

マルチレベルマーケティングとねずみ講の違いとは?

マルチレベルマーケティングとねずみ講は全くの別物

 

9579475 - the hand is pressing the button the network marketing

 

 

 

 

 

 

 

結論から申し上げますとマルチレベルマーケティングとねずみ講は全くの別物です。どれくらい違うのかというとマルチレベルマーケティングは合法、ねずみ講は犯罪、これくらい違います。

確かにマルチレベルマーケティングとねずみ講は類似している点は存在します。大きな共通点としては会員を勧誘していく点にあるかと思います。それではなぜマルチレベルマーケティングは合法でねずみ講が犯罪なのか?次の章ではそれぞれのビジネスモデルを解説していきます。

 

マルチレベルマーケティングとは?

 

 

 

 

 

 

 

マルチレベルマーケティングは他の呼び名でマルチ商法、MLBとも呼ばれています。

日本の法律の連鎖販売取引(れんさはんばいとりひき)と言う名の販売形態として正式に認められた営業活動です。簡単にどんなビジネスモデルかというと商品の口コミをしていくビジネスとも言われています。マルチレベルマーケティングは必ず商品やサービスが存在するビジネスが前提です。

ですので自分が使っている製品が好きでそれを友達や知人に紹介してそこから売上が発生したら紹介した人に紹介料で報酬が発生する仕組みです。典型的な例が美容室に行くと友人紹介カードを貰いますよね?友人をその美容室に紹介して来店し、売上が発生するとあなたが20%OFFなどのの特権を受け取る事があの仕組みです。

マルチレベルマーケティングという聞き慣れない言葉のせいで難しくお考えになる人も多い様ですがマルチレベルマーケティングとはシンプルに口コミを伝えていくだけのビジネスです。

好きな商品をただ好きだと友人や知人に伝えていくだけで良いのですがそこにはお金が絡み自分の利権の事しか考えずに行動する会員(ディストリビューター)が多く存在する為にマルチレベルマーケティングの印象が非常に悪いのも事実です。

先程お伝えした通りマルチレベルマーケティングは合法なのですが特定商取引法により禁止されております通り不実の告知、誇大広告など法律を遵守していない場合は違法になります。

これはマルチレベルマーケティングに関わらずビジネス全体に言える事です。『必ず儲かります』『凄く簡単なビジネスです』などが不実の告知、誇大広告に該当します。

 

マルチレベルマーケティング(連鎖販売取引)の定義

マルチレベルマーケティングの定義としては以下の様な内容が対象です。

(1) 特定商取引法の規制対象となる「連鎖販売取引」 (法第33条)
1.物品の販売(または役務の提供など)の事業であって

2.再販売、受託販売もしくは販売のあっせん(または役務の提供もしくはそのあっせん)をする者を

3.特定利益が得られると誘引し

4.特定負担を伴う取引(取引条件の変更を含む。)をするもの

こちらを要約するとマルチレベルマーケティングは必ず商品が存在する、商品の流通を広げていく事で報酬が得られる事を誘っている人に必ず説明する。

この様なビジネスモデルになります。ただマルチレベルマーケティングと一括りに言ってもマルチレベルマーケティングビジネスを展開している会社は多数存在します。報酬の仕組みも多種多様に及びます。

ですのでマルチレベルマーケティングビジネスを検討されている、又は現在勧誘を受けている場合は自分に合ったマーケティングプランの企業やメーカーのディストリビューターになる事をお勧め致します。

 

ねずみ講(無限連鎖講)とは?

続いて俗にねずみ講と言われるビジネスモデルのご説明です。ねずみ講とは造語であって正式には無限連鎖講と呼ばれるビジネスモデルです。ねずみ講の場合は商品の売買が発生しません。会員を入会させる事によって発生する入会金や金品が大きな資金源になる訳です。

新しいメンバーが加入する事で得られる金品をグループの中で分配する仕組みでこれが法律では無限連鎖講と呼ばれる仕組みです。

 

なぜねずみ講が犯罪なのか?

ではねずみ講が犯罪なのか?それは結局のところ一部の特定の人物しか儲からず明らかな詐欺行為だからです。

nezu

上記に表がございますがまずA氏がグループの創始者でB氏とC氏を入会金5万円で勧誘したとします。次にB氏はD氏とE氏を勧誘し、C氏も同様にF氏とG氏を勧誘します。このシステムで集めた資金をA氏と幹部のB氏、C氏でほとんど分配してしまい後から入会した会員は入会金を払うだけで全く儲からないシステムになっているのです。

それと人口にも限りがあります。例えば1人が2人のメンバーを勧誘していった場合、全人口がこのグループに所属したとしても全員がメンバーになるには一ヶ月も掛からない事が統計上証明されています。

もちろん今のご時世でこんなにわかりやすい形でねずみ講を運営している企業はほとんど無いと思います。企業は例えねずみ講であってもそれがばれない様に表向きは何かの商材販売と謳って営業活動をしているわけです。

こういった商品が存在する(表向きだけ)ねずみ講はこの商品代金が異常な値段で販売されていたりします。例えば普通の羽毛布団が50万だったり壺が100万であったりとにかく異常です。

確かに世の中には美味しいは存在します。しかしその大半が詐欺であったり全く自分が儲からないビジネスモデルの場合が多いです。

 

マルチレベルマーケティングとねずみ講では収入の分配方法が異なります

 

44466140 - hierarchy structure task multilevel employment concept

 

 

 

 

 

 

マルチレベルマーケティングとねずみ講では収入の分配方法が異なります。ここも合法か違法なのかを判断するポイントになってきます。具体的に申し上げますとマルチレベルマーケティングは収入は有限、ねずみ講の収入は無限。こういった差になります。

sela

出典:http://networkbusiness-review.com/networkreview/archives/336

 

マルチレベルマーケティングの場合は青(先にビジネスを始めた人)と緑(後からビジネスを始めた人)の関係性の様に青の人の収入を緑の人が超えていく事が可能です。

逆にねずみ講の場合は収入が無限の為、会員が増えれば増えただけ先に始めたピラミッドの頂点の人達は収入が増加します。逆に最後に始めた末端の会員達に利益はほとんど分配されません。ですので1978年に無限連鎖講の防止に関する法律が作られました。

 

マルチレベルマーケティングビジネスの禁止行為

 

次にマルチレベルマーケティングビジネスの禁止行為を見ていきましょう。事実、マルチレベルマーケティングビジネスを行っている人の中にも法律知らずに営業活動を行っている人は多く存在する様です。

マルチレベルマーケティングビジネスは基本的に友人や知人などの面識がある人を勧誘する事が多いので黙認されている様ですが以下は法律違反になります。

 

  • 目的を告げずに誘い出して勧誘活動をする行為
  • 絶対に儲かる、リスクが全くないと虚偽の発言をする事
  • 商品の効果効能の発言、過剰表現

これらは違法になります。もし勧誘したい友人や知人がいる場合は必ず目的を告げて誘い、正しい方法で会員誘致活動を続けて下さい。

 

実際にマルチレベルマーケティングビジネスを行っている有名な会社

 

では実際にマルチレベルマーケティングビジネスで有名な会社をピックアップしました。どの会社も一度は聞いた事があるビッグカンパニーです。

『え?あの会社もマルチレベルマーケティングビジネスの会社なの?』っていう会社もあるかもしれませんね。

 

Amway(アムウェイ)

アムウェイ

 

 

 

 

 

アムウェイ

 

恐らく日本で一番有名なマルチレベルマーケティングビジネスの会社です。

アムウェイ(Amway)は、アメリカ合衆国で1959年に創業。

連鎖販売取引(マルチ商法)の形態により日用品を販売する会社である。

リッチ・デヴォスとジェイ・ヴァン・アンデルによる共同創立。

東京、大阪、福岡などに会員限定のサロンがあります。

 

ニュースキン  Nu Skin

 

 

ニュースキン

 

 

 

 

 

 

 

 

ニュースキン

ニュースキン(Nu Skin Enterprises, Inc.)はアメリカ合衆国ユタ州を拠点とする、

日用品・化粧品・栄養補助食品の開発製造・販売、およびインターネット関連事業を行っている企業である。

ニュースキンも世界中に拠点があるビッグカンパニーです。

 

ニューウエイズ (Neways)

nyu

ニューウエイズ (Neways) 

ニューウエイズ (Neways) は、世界30カ国(2007年5月現在)で

事業展開をしているアメリカ企業のニューウエイズインク (Neways inc.) 社と

グループ会社の総称である(ニューウエイズインク社では「Neways」を

日本語で「ニューウエイズ」と表記し、「ニューウェイズ」の表記は使用していない)。

こちらもアメリカでも大変人気のある企業でこの会社のサプリメントなどは有名です。

 

ノエビア(NOEVIR Co.,Ltd.)

noevi

ノエビア(NOEVIR Co.,Ltd.)

株式会社 ノエビア(NOEVIR Co.,Ltd.)は、兵庫県神戸市中央区港島中町に

本社を置く化粧品メーカーである。創業者で現会長の大倉昊が

1964年(昭和39年)、アメリカから航空機部品ならびに航空機用品の

輸入貿易を行う会社を大阪に設立したのが始まりである。

1971年には西ドイツ・バーデンバーデン市より

薬草化粧品の輸入販売を開始。後に株式会社へ改組、1978年(昭和53年)、

ノエビアに社名変更し、同ブランド化粧品の製造販売を開始した。

日経企業のですので日本人の悩みはニーズを汲みとった製品やサービスを展開している様です。

 

まとめ

今回はマルチレベルマーケティングとねずみ講の違いをご紹介させて頂きました。マルチレベルマーケティングビジネスは合法です。

しかし誇大広告や勧誘する人の意志を尊重しない行為は犯罪になります。何よりもそういった行為はあなたの社会的価値を著しく下げる事に繋がります。事実マルチレベルマーケティングビジネスはネットワークビジネスとも呼ばれ評判は決して良いものではありません。

それは己の利益を求めすぎる余り勧誘する人へのリスペクトに欠けた勧誘活動が噂や偏見を作り出しているのです。

これはマルチレベルマーケティングビジネスに関わらず全てのビジネスに言える事ですが相手を尊重してビジネスを行う事が出来れば大半のビジネスは上手くいくと思います。その他のマルチレベルマーケティング(MLM)の代表的な企業に関してはこちらの記事をご覧下さい。

\ SNSでシェアしよう! /

Holiday Fanの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Holiday Fanの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ホリファン編集部

ホリファン編集部

”休日を楽しむ”ことをモットーにサイトへ遊びに来て頂いたお客様の
お役に立てる情報を編集部で力を合わせて配信しております。