1. TOP
  2. ムササビウイングのポールはどれがおすすめ?

ムササビウイングのポールはどれがおすすめ?

 2017/02/05 アウトドア この記事は約 8 分で読めます。

出典:tent-Mark DESIGNS

コットン幕で大人気のムササビウイング。ムササビウイングはポールが別売りなので好みのスタイルにあったポールのカラーや長さを選択する事が出来ます。

今回はおすすめのポールをご紹介させて頂きます。

 

ムササビウイングのおすすめのポールの長さは?

musa2

 

出典:http://kabawo.naturum.ne.jp/c20136229.html

ずばりおすすめのポールの長さは前方が240cm、後方が180cm、こちらが1番シルエットが綺麗に見える様です。

ちなみにこちらの画像がその前方が240cm、後方が180cmです。

musa0出典:tent-Mark DESIGNS

後方のポールはテンマクデザインさんの公式サイトから購入が可能です。ちなみに前方の240cmのポールですが調べたところ公式サイトではレッドカラーの販売が無い様です。現行モデルはフチがレッドですのでユーザーとしてはポールもレッドで統一したいのが性。前年のポールに関してはAmazonで汎用品が販売されていました。

musa1出典:Amazon

こちらから買えます

レビューも高評価が沢山ありました。

Amazonレビュー1
ムササビウイングのメインポールとして購入しました。
色、軽さ、強度全て満足です。収納袋があれば言うこと無しです。

 

Amazonレビュー2
太さもしっかりしていて、使いやすくて良かったです。
長さもちょうど良い
Amazonレビュー3
赤のポールが欲しくて色々探した結果、金額とポールの太さ、
汎用性よりこの商品を購入しました。

頑丈さを優先した結果、若干重くなりましたが、風の強い日などには安心して使用できました。

 

 

 

 

ムササビウイングはコットン幕なのである程度タープを高く張る事によって夜は焚き火も可能です。

 

 

テンマクデザインさんのサイトにも書いていますが完全防火では無いのでくれぐれも自己責任でお願いします。
私もムササビウイングを使っていますが少々の火の粉なら全く気になりません。

重さもタープくらいの面積ならいくらコットン幕でも軽いですし持ち運びも便利です♪

 

ベルテントとも相性抜群!

 

 

今から約5年前、 自分の家庭を持ち子供が生まれたら 「幼稚園から20歳まで行ってたキャンプを自分の家族で再開したい😆✨」 と思いテントを探しました。 様々なメーカーから3つに絞り込み、 最終的には豊かな拡張性と耐久性と サポートの安心感からスノーピークの リビシェル、アメド、レクタを購入し、 それはもう期待以上の性能であった為 大変満足しております(^з^)❤️ っっがっ! 当時悩んだ3つのメーカーの 1つが心からずーっと消えず、ここ 1年半程 いる😙⁉️ いらない😒⁉️ いる😙⁉️ いらない😒⁉️ を繰り返し、自問自答した結果こうなりました😁✨✨ _ 今更感は否めませんが、いいんです😄 _ どんなキャンプのStyleであったとしても、 正解でしょうから🎵 _ #NOLDISK#asgard#ノルディスク#アスガルド#シロクマ#しろくま#ナンド#ダッジオーブン#コロダッジ#オーバルロールケース#tent-Mark #Roll Case#テンマク#2割引#リマ#リマジャグ#リマステンレスジャグ#GO-COT#ゴーコット #ヘリノックス#Helinox#ムササビウイング#musasabiwing#tentmark#シロムサ _ 子供達よ!🎪内を走り回れぇ〜✨✨

Toshiさん(@toshi8884)が投稿した写真 –

やはり何と言ってもムササビウイングは同じコットン幕テントのベルテントと相性抜群です。
このようにドッキングして使うのが便利ですし見た目も抜群です。

 

 

ムササビウイングの貼り方は?

 

ムササビウイングの貼り方はこちらの動画で設営風景を収録してくれています。ご参考にして下さい。ちなみに地面にタープを直接置いてタープを汚したくない人はブルーシートを持っていくとおすすめです。

広げる時はブルーシートのうえで広げてポールを立てた時にブルーシートを抜けばタープの内側が汚れる事は有りません。

まとめ

以上がムササビウイングのおすすめのポールのご紹介と画像を中心にムササビウイングの素晴らしさをお伝えさせて頂きました。張った時のシルエット、コットン幕の優しい色合いが最高です。

ムササビウイングのお供と言えばやっぱりコレ

\ SNSでシェアしよう! /

Holiday Fanの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Holiday Fanの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ホリファン編集部

ホリファン編集部

”休日を楽しむ”ことをモットーにサイトへ遊びに来て頂いたお客様の
お役に立てる情報を編集部で力を合わせて配信しております。