1. TOP
  2. 【女性版】皮下脂肪が落ちない原因とは?

【女性版】皮下脂肪が落ちない原因とは?

 2017/02/02 ダイエット 健康 この記事は約 6 分で読めます。

何回乗っても減らない体重計。

毎日ジムで走ってるのに、なんでこんなに減らないのかなぁ

そんな悩みを持つ女性は、多いのではないでしょうか?

実は女性の皮下脂肪というのは男性よりもずっと落ちにくいのです。

ホルモンや、子供を育てるための体の構造上、脂肪を蓄えやすい体になっているのです。

どうかご自分を責めることなく、まずは、その理由をしって、効果的な落とし方を学んでください。

今回は、女性の皮下脂肪が落ちない原因を、効果的な対処法とあわせて、ご紹介したいと思います。

【女性版】皮下脂肪が落ちない原因まとめ

1、皮下脂肪がつく原因

皮下脂肪がつく原因は、主に過食と運動不足の二つです。文字どおり、消費カロリーより摂取カロリーが多ければ体は残ったエネルギーを体に蓄えていきます。

その結果が、皮下脂肪というわけです。

ただし、女性の場合、ホルモンバランスが崩れたり仕事の過度なストレスで過食をしてしまうことも。

女性が働きやすくなった世の中になったとはいえ、まだまだ女性にとっては辛いことも多い現代社会です。

そんな中で、過食や運動不足をさけて、健康的に痩せるためには、きちんと対策をしていく必要があるのです。

それでは、この過食と運動不足の原因に、どう対処していったらいいのでしょうか?

具体的にその方法を見ていきましょう。

2、皮下脂肪は最後に燃焼する脂肪

実は、皮下脂肪には、”落ちる順番”があります。『体の末端から中心に向かって落ちていく』という傾向があるのです。

その順番を見てみると?

①内臓脂肪
②体の末端(手や足など)の皮下脂肪
③体の中心(お腹周り、腰まわりなど)の皮下脂肪

肝臓や腎臓などの内臓脂肪は、細胞の入れ替わりも激しく、ぽっこりお腹なども、トレーニングをすれば、すぐにへっこんでしまいます。

しかし、お腹周りの皮下脂肪は、なかなか落ちないのです。

脂肪は体にとっての備蓄エネルギーです。体の中心に近いほど、体は生存するために蓄えておこうとするのです。

3、皮下脂肪は減らすのが困難

皮下脂肪は減らすのがとても難しいと言われています。

その理由は脂肪が体の備蓄のエネルギーだからなのです。

そもそも脂肪というのは消費されることのなかったエネルギーを長い時間かけて蓄積していったものなのです。

よってこの備蓄エネルギーを消費しようと思えば、体をエネルギーの足りない状態にする必要があるのです。

食事制限だけで燃焼するのは難しく、運動によってエネルギーが必要になる状態を作ってあげる必要があるのです。

最近ではサッカー日本代表の長友選手が紹介して有名になった、脂肪を効果的に燃焼させるケトン体ダイエットは人気です。

皮下脂肪の 効果的な落とし方とは?

⑴食事を見直す

まず大前提として大切なことは、摂取カロリーを抑えることが大切です。

脂肪を減らすために、食事制限をするのは重要です。少しの意識の違いで、同じ量の食事でも結果には大きな差が生まれてきます。

そして大切なことは継続していくこと。三日坊主にならないように、いきなり無理をしすぎないようにしてくださいね。

どう制限するのが効果的なのか?そのポイントを抑えて、取り組んでいくことが大切ですので順番にご説明していきます。

糖質を制限する

まず第一のポイントは、糖質の制限です。食事量が少なくても、糖質を摂り過ぎてしまうと、皮下脂肪が落ちにくくなります。

その理由は、過度な糖質摂取によって、インスリンの分泌バランスが狂ってしまうから。

過度な糖質は、血糖値の急上昇を招いてしまうため、インスリンの働きが追いつかないのです。

血液中にブドウ糖が余ってしまい、インスリンは余ったブドウ糖を脂肪に変えて、体にため込もうとします。せっかくの運動や食事制限の効果を活かすためにも、糖質の摂りすぎには十分に注意しましょう。

最近では栄養バランスの取れた日本食を積極的に取り入れるこちらの菌活ダイエットも注目されています。

食欲を抑える

食欲そのものを抑える努力も必要です。食事前に”きな粉牛乳”を飲むと、甘みを感じて満足感もあり、とってもおすすめです。また、間食についても、果物や野菜スティックなどに置き換るなどの工夫をすると良いでしょう。

また、ストレスと密接に関係している”食欲”は、好きなことに没頭したり、趣味をすることで、意識をそらす=”ごまかす”こともできます。自分なりの”上手な食欲のごまかし方”を見つけられると良いでしょう。

⑵脂肪がきになる部分をマッサージ

皮下脂肪を効果的に落とすための運動と食事制限が大切。

この2つをする際に、ぜひ一緒にしていただきたいのが気になる部分のマッサージです。

気になる部分を、優しくマッサージしてあげてください。

マッサージには、脂肪を直接刺激して、老廃物を流し、皮下脂肪を落としやすい状態にする効果があります。

運動と食事制限の効果を、より高めることができるでしょう。

⑶もっとも効果的な有酸素運動と筋トレの組み合わせで最短で脂肪を落とす

皮下脂肪を減らすのに最適の方法は、皆さんもご存知の通り、有酸素運動です。

しかし最近ではもっと効果的に脂肪を燃焼させる運動法として筋トレ+有酸素運動が注目されています。

これは、筋トレで体を”脂肪燃焼モード”に切り替えた上で、有酸素運動による皮下脂肪の燃焼を”最大限に高める方法”なのです。

筋トレをはじめにしておく理由は成長ホルモンを分泌させて、体を脂肪燃焼モードに切り替えるため。

筋トレをすることで、その後のトレーニングの効果を高めることができるのです。

まとめ

皮下脂肪というと、女性にとっては耳に痛い言葉ですよね。

でもただ悪いものというわけではなく、体温を保持したり、内臓を保護したり、大切な赤ちゃんを守る働きをしてくれているのも事実です。

大切なことは、皮下脂肪がつく原因を正しく知って、適切な方法で努力をすることです。

まずは焦らずに、これらの方法で前向きに取り組んでいけば、きっとあなたも理想の体を手にすることができますよ。最後まで読んでくださり、どうもありがとうございました。

そして最近の研究結果で肥満の原因は慢性的な運動不足、暴飲暴食、そして更に腸内環境に問題がある事がわかってきました。

腸内環境を改善する事で更に痩せやすいカラダを手に入れる事が出来るのでこちらの記事もご参考にされて下さい。

 

\ SNSでシェアしよう! /

Holiday Fanの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Holiday Fanの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ホリファン編集部

ホリファン編集部

”休日を楽しむ”ことをモットーにサイトへ遊びに来て頂いたお客様の
お役に立てる情報を編集部で力を合わせて配信しております。