1. TOP
  2. 【女性版】効果的な皮下脂肪の落とし方とは?

【女性版】効果的な皮下脂肪の落とし方とは?

 2017/04/11 ダイエット 健康 この記事は約 9 分で読めます。

『体重、また増えてる!?』『ジムで毎日走ってるのに、なんで体重減らないのかなぁ』

そんな女性たちの、切実な声が聞こえてきそうな言葉、皮下脂肪。この皮下脂肪、なかなか落ちないですよね。

なぜかって、実は女性の皮下脂肪というのは、落とすのがなかなか難しいのです。女性はもともと、ホルモンや、子供を育てるための体の構造上、脂肪を蓄えやすいのです。

ですので男性に比べると脂肪を落とすのが難しいと言われています。

そこで今回はそんな皮下脂肪を効果的に落とす方法をご紹介いたします。

【女性版】効果的な皮下脂肪の落とし方

皮下脂肪と内臓脂肪の関係性

カラダの脂肪には大きく分けて2種類の脂肪があります。

内臓脂肪は主に男性に付きやすい脂肪の種類です。中年男性特有のぽっこり出ているお腹は内臓脂肪と呼ばれる脂肪がお腹に付いた状態です。

見栄えは非常に悪いのですが実は内臓脂肪は比較的落としやすい脂肪と言われています。

皮下脂肪よりも内臓脂肪の方が代謝がしやすいので運動と食生活を改善すれば内臓脂肪は落とす事は簡単です。

やっかいなのが皮下脂肪の方です。

皮下脂肪は女性に多い脂肪の種類です。皮下脂肪とは名前の通り皮膚の下にある脂肪の事です。

皮下脂肪の役割はカラダを守る為のクッションの役割があります。

女性に皮下脂肪が多い要因として女性は出産を経験する事から赤ちゃんを衝撃から守る為に男性に比べて皮下脂肪が多い傾向にあります。

皮下脂肪と内臓脂肪の見分け方

ただ、自分のカラダに付いている脂肪が皮下脂肪なのか内臓脂肪なのか判断が付きにくいのですよね。

そこで簡単な見分け方として直立して腹筋に力を入れてつまめる脂肪が皮下脂肪です。お腹をつまんでみて皮下脂肪の下に他になにか脂肪がありそうならそれは内臓脂肪です。

そうやって簡単に判断する事が出来ます。

皮下脂肪がつく理由とは?

そもそも、皮下脂肪というのは、どうしてつくのでしょうか?

理由は暴飲暴食と慢性的な運動不足が大きな原因です。

この結果、消費カロリーよりも、摂取カロリーが多くなってしまう事で皮下脂肪は付いていきます

皮下脂肪を減らすためには、摂取カロリーよりも消費カロリーを多くする必要があるのです。

具体的に女性の場合は1800カロリーを超えると脂肪が付きやすいと言われているのでこれを超えないように意識する必要があります。

皮下脂肪は簡単に落とす事が出来ない

皮下脂肪は簡単に落ちてくれない脂肪として有名です。

なぜならお腹周りの皮下脂肪は脂肪の中で1番最後に落ちる脂肪だからです。

順番から言うと内臓脂肪が先に落ちていき、最後に皮下脂肪が落ちるイメージです。

その理由は皮下脂肪は貯蓄タイプの脂肪だからです。

まず運動をしたら1番最初にエネルギーとして使われるのはブドウ糖です。

ブドウ糖はいつでも使いやすいように筋肉や肝臓の中に貯蔵されており、必要な時に必要な分だけ消費されます。

それに付随してカラダの脂肪分も減っていくのですがこの時に減っていく脂肪は主に内臓脂肪で皮下脂肪はそのままなのです。

ブドウ糖が消費されて内臓脂肪が減った後にようやく皮下脂肪は燃焼されるのですが実は皮下脂肪が落ちにくい原因はこれだけではないのです。

皮下脂肪は脂肪細胞増殖型の脂肪

脂肪細胞増殖型とは過剰なカロリーを摂取すると脂肪細胞がどんどん増えていくタイプの脂肪です。

ですので一度付いてしまうと落ちにくいばかりか体内でどんどん脂肪が増えていきます。

最近の研究結果では脂肪が増える原因として腸内のデブ菌が多い事も原因の1つとして考えれています。

関連記事 腸内の痩せ菌を増やしてデブ菌を減らす方法とは?   

では皮下脂肪は主にどこに付きやすいのでしょうか?

皮下脂肪は主に筋肉が少ない部位に付きやすい脂肪です。

主にお腹周り、腰回り、おしり周り、背中、二の腕、顔などが挙げられます。

全部脂肪が付いて欲しくない場所ばかりですよね。

脂肪の犯人はインスリン

実は脂肪が付く原因はインスリンにありました。

インスリンは血糖値を下げる唯一の成分ですが食事から摂取した炭水化物がブドウ糖に変換されてインスリンと結びつく事で脂肪に変わります。

インスリンは血糖値が上がった時に大量に分泌されるので脂肪を付けない為には血糖値を上げない事が重要になってきます。

もちろんこれは食事の仕方を変えれば可能ですので次の章からは具体的な皮下脂肪の落とし方を解説していきます。

ちなみに血糖値を上げない菌活ダイエットも最近は人気です。

 

効果的な皮下脂肪の落とし方

お先に結論から述べておくと皮下脂肪を効果的に落とす為には食事の改善と運動が大切になっていきます。

その中でも皮下脂肪を落とす為のもっとも効果的な方法をご紹介します。

食事の改善

炭水化物を制限する

まず大切なことが、炭水化物の制限です。炭水化物は確かにカラダを動かす為のエネルギー源です。

炭水化物は体内でブドウ糖に変換されてエネルギーとなります。

しかし炭水化物には血糖値を挙げてしまうデメリットもあり、食事で炭水化物が中心の人は必然的に脂肪が付きやすいカラダとなってしまいます。

これは先程お伝えしたように血糖値が上昇すると体内に大量のインスリンが分泌されてブドウ糖と結びつく事で脂肪に変わっていきます。

ですがいくら脂肪が付くからと言って炭水化物を食べない訳にはいきません。

炭水化物を食べないダイエットはここでは推奨しません。理由として炭水化物を抜くと便秘になってしまい代謝が悪くなってしまうからです。

便秘になる理由として炭水化物には食物繊維も含まれています。食物繊維を摂らなくなると腸のぜん動運動が弱まり便秘を招いてしまいます。

そうなると腸内環境が悪化してしまい代謝が悪くなってしまうので適度な炭水化物は絶対に必要になってきます。

そこで炭水化物を効果的に摂取する方法ですが必ず前菜やお味噌汁などの汁物から食事を召し上げるようにしましょう。

野菜やサラダなどの前菜は主に低GI食品と言われ血糖値を上げにくい食材として有名です。

先に野菜を食べておく事で最後に炭水化物を食べても吸収が緩やかになり血糖値の上昇を防いでくれます。

食欲を抑える

次に食欲そのものを抑える努力も必要です。

食事前にきな粉牛乳を飲んだり、間食は果物や野菜スティックなどに置き換えたり、好きな音楽を聴いて空腹をごまかしたり。

また、ストレスと食欲は、密接に関係しており、何か好きなことに没頭したり、趣味をすることで、ストレスを解消して、食欲を忘れるようにするという方法も、大変おすすめです。

それでも小腹が空く場合はプロテインがおすすめです。

プロテインは筋トレや男性が飲むものと言うイメージが強いですが実はプロテインに含まれるタンパク質は女性にとってもの凄く重要です。

具体的にはお肌にハリや潤いを与えるコラーゲンやヒアルロン酸もタンパク質を原料にして作られます。

また、プロテインを飲んで適度な筋肉を付ける事で基礎代謝の高い痩せやすいカラダも手に入れる事が出来ます。

特に女性におすすめなプロテインは大豆が原料のソイプロテインです。

ソイプロテインには食物繊維が豊富に含まれているので小腹が空いた時に飲むと腹持ちがよく空腹によるストレスを和らげてくれます。

もちろんソイプロテインも血糖値の上がりにくい低GI食品です。

【最強コンビ】筋トレと有酸素運動で脂肪を落とす

皮下脂肪を落とす最適な運動は有酸素運動です。

しかし、ただの有酸素運動よりも、もっと効果的に脂肪を燃焼させる運動方法があります。

それが、最強の運動=筋トレ+有酸素運動

順番としては先に筋トレをおこない、その後に有酸素運動を開始する。

これが皮下脂肪を落とす最強の組み合わせです。

おさらいとして脂肪が落ちる順番は内臓脂肪→皮下脂肪の順番に落ちていきます。

ですのでまずは内臓脂肪の元でもあるブドウ糖を消費する必要があります。

そこでブドウ糖を落とす為にもっとも効果があるのが筋トレや短距離走などの無酸素運動なのです。

無酸素運動はブドウ糖をエネルギーとして消費するので効率的にブドウ糖を消費する事が可能です。

この工程を踏む事で次におこなう有酸素運動で皮下脂肪が落ちやすくお膳立てする事が出来ます。

筋トレ初心者の女性でも自宅で簡単に出来る筋トレの動画がありましたのでご参考にしてみて下さい。

 

 

次に皮下脂肪を落とす為には酸素が必要です。

酸素を取り込む為のもっとも効果的な運動がジョギングなどの有酸素運動です。

しかし急激な運動はかえって活性酸素が増えて老化の原因となってしまいます。

ですのでジョギングになれていない人はウォーキングから始めても全く問題ないです。

ウォーキングになれてきたらジョギングにトライしてみる事をおすすめします。

ジョギングの時間ですが20分程でも充分皮下脂肪は燃焼出来ます。

脂肪が気になる部分をマッサージ

皮下脂肪を効果的に落とすための運動と食事制限。

この2つに取り組む上で、並行してやっていただきたいのが、皮下脂肪が気になる部分のマッサージです。

マッサージは、脂肪を直接刺激して、老廃物を流し、皮下脂肪を落としやすい状態にする効果があります。

マッサージによってリンパはケアする事で体液の流れが良くなり代謝アップに繋がります。

代謝が上がる事によって脂肪も燃焼しやくなりますのでおすすめです。

簡単に出来るリンパケアマッサージはこちら

 

 

まとめ

無理なダイエットや、過度な断食をするよりも皮下脂肪を効果的に落とす方法に、ぜひ取り組んでいただけたらと思います。

無理をしても長続きしなければ良い結果は望めません。

皮下脂肪がつきやすい理由や、皮下脂肪の落とすプロセスを知って効果的に皮下脂肪は落としていきましょう。

方法がわかればダイエットの半分は終わったも当然です。

健康で綺麗な理想の体を手に入れていただければと思います。

最近では肥満の原因は暴飲暴食と慢性的な運動不足、そして腸内環境が悪化してデブ菌が増える事で脂肪の蓄積に歯止めが効かなくなっていると言う事がわかってきました。

実は太りやすい原因はデブ菌が原因かもしれません。

NEXT 腸内の痩せ菌を増やしてデブ菌を減らす方法とは?

 

\ SNSでシェアしよう! /

Holiday Fanの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Holiday Fanの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ホリファン編集部

ホリファン編集部

”休日を楽しむ”ことをモットーにサイトへ遊びに来て頂いたお客様の
お役に立てる情報を編集部で力を合わせて配信しております。