1. TOP
  2. 健康
  3. 女性の筋肉がつきにくい5つの理由とは?

女性の筋肉がつきにくい5つの理由とは?

 2018/05/22 健康 この記事は約 7 分で読めます。

憧れのスタイルに近づきたい!太りにくい体を手にしたい!

そう思って、ジムに通ったり、インターネットで筋トレグッズを買ったり。

痩せてて綺麗の印象には、少なからず筋肉が必要なんです!そうはいっても、筋肉がつきすぎてしまって、ムキムキにならないかな?

女性の悩みはつきませんね。

今回は、女性の筋肉がつきにくい理由とそのメカニズムを、ご紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

女性が筋肉がつきにくい理由

1、ホルモンの違い

女性が男性に比べて筋肉がつきにくい理由の一つとして、ホルモンの違いがあります。

その原因は、女性ホルモンの量なのです。

当然ながら、女性は女性ホルモンが多く、男性ホルモンが少なくなっています。筋肉を成長させるのは、『男性ホルモン』の働きによるもの。

また、それに対してエストロゲンという女性ホルモンは体に脂肪を蓄える働きをしています。

この男性ホルモンと女性ホルモンの量の違いによって、『女性は筋肉がつきにくく、女性らしい丸みを帯びた体』になるのです。

 

2、遺伝

これは、女性に限らず、男性にも共通する理由ですが、『もともと筋肉がつきにくい体質』というものがあります。

長い間、寒い地域に住んでいたアングロサクソンを先祖に持つ欧米人は、筋肉量の多さで体温を維持していました。

一方で、比較的暖かい気候に恵まれていた日本民族は、大きな筋肉で体温を維持する必要がありませんでした。

こういった遺伝的な理由で、”生まれつきの筋肉のつきやすさの違い”があると言われています。

 

3、欧米人と日本人女性を比較すると骨格が違う

ブラジルの女性や、アフリカの女性のお尻、大きくて女性らしいなぁと憧れる日本人女性の方は多いのではないでしょうか?

じつは、日本人と欧米人では、お尻の筋肉のつきやすさに違いがあります。

それは骨盤の角度の違いによるもの。

臀部(お尻)の筋肉を鍛えても、臀部(お尻)上部に筋肉がつきにくいのです。臀部上部に筋肉がつけば、お尻が引き上がって、丸みを帯びて見えるのです。

また、日本人女性の太ももが、鍛えると細くなってしまうのも、骨格の影響によるもの。大腿四頭筋に刺激が入りづらい骨格になっているのです。

『外国の女の人って、グラマーでいいなぁ…』その背景には、生まれつきの骨格の違いがあるのです。

 

4、女性向けの筋トレ情報が不足している

女性が筋肉をつけるのに苦労する理由として、女性向けの筋トレ情報が不足していることがあげられます。

世の中に、男性向けの筋トレノウハウやカリキュラムは溢れているものの、女性が綺麗に痩せるための筋トレノウハウというと、非常に少ない傾向にあります。

筋トレと聞くと、ムキムキになるんじゃないの?と不安になる女性は多いのではないでしょうか。

実際、そういった悩みを持つ女性のための、正しい知識や情報が、不足しているのです。

女性の筋力トレーニングで重要になってくるのが、『たんぱく質の摂取量が十分であるか』です。

体内に摂取するたんぱく質の量が足りているかどうかは、トレーニングをする上で、とても大切なことなのです。では実際にどれくらいの量が必要なのでしょうか?

目安は1日あたり  体重 ×0.8 g

体重50kgの方なら、 1日40グラム

ただし、これは全く運動をしない場合の摂取量であり、実際にトレーニングをする方の場合は、この2倍程度のたんぱく質が必要になると言われています。

つまり、体重50kgの方なら、 1日80グラム

また、たんぱく質を十分に摂ることによって、以下のような良いこともたくさんあります。

①新陳代謝の向上 (痩せやすい体!)

②免疫機能の高まり (病気になりにくい!)

③アンチエイジング効果 (若返り!)

などなど、女性にとってのメリットもたくさんあるのです!

不足すると弊害の多いたんぱく質ですが、しっかりと摂ることによって、美容と健康にとても効果があるのが『たんぱく質』なのです。

筋肉の材料としてだけでなく、お肌や免疫器官の組織再生にも使われるため、必要量が達しているかどうか、きになる方はぜひ、一度見直してみることをおすすめします!

女性のための正しいトレーニング知識を身につけて、理想のメリハリボディーを手に入れてくださいね!

 

5、プロテインが足りていない

多くの場合が筋肉の生成に必要なプロテインが不足している傾向にあります。

プロテインは日本語でタンパク質と言う意味ですが筋肉だけではなくハリのある肌やバストも実はプロテインが原料となっています。

詳しくはこちらの記事をご参照下さい。

 

筋トレをするとムキムキになるのではと心配な女性へ

筋トレをするとムキムキになるのでは?

という不安をお持ちの女性は多いことでしょう。

ですが、まずは安心してください。結論から言えば、女性は筋肉がつきにくいから心配しなくてもいいということなのです。

もしも、女性がムキムキになろうとしたら、男性以上にハードなトレーニングをストイックに継続する必要があるのです。

だから、ダイエットや体力維持のためにトレーニングをしている程度であれば、全く問題はありません。

 

女性におすすめのプロテインは?

筋肉だけではなく、女性らしく美しいプロポーションに憧れますよね。しかしこの願いを叶えるためには、男性用のプロテインではちょっと難しいかもしれません。

女性らしいプロポーションを手に入れる為には、ソイプロテインがおすすめです。

ソイプロテインとは、大豆が原料となったプロテインのこと。

大豆に含まれる、大豆イソフラボンには、女性ホルモンに似た働きをする事で有名です。この働きで筋肉だけではなく、美しく女性らしいプロポーションを手に入れるサポートをしてくれます。

でもソイプロテインって、味がイマイチな商品が多いんです。いくら成分が良くても、飲むのがつらいと続かないですよね。

そんな人に朗報な、スムージー感覚で飲めるソイプロテインがあるのって知っていましたか?

 

 

それがこのソイプロテインのジェシカズフォーミュラ

ジェシカズフォーミュラは、アサイーとラズベリーをミックスしたフルーティーな味わいのソイプロテインなんです!

女性ホルモンをサポートする大豆も高配合しているので、筋肉にも美容にも良い、女性のためのソイプロテインです。

 

 

更に効率を求めるならHMBサプリがおすすめ!

 

プロテインよりも、さらなる効率を求めたい女性はHMBサプリメントがおすすめです。

 

 

HMBとは、プロテイン(タンパク質)が代謝されて、最終的に筋肉となる希少成分です。

 

 

実はHMBをプロテインから摂取しようとすると、30杯分も必要なんです!やばいw

そんな女性向けのHMBサプリのおすすめは、こちらのコアスリマーHMBがおすすめです!

コアスリマーHMBには、ホルモンバランスの影響で、筋肉維持が難しい女性のために、クレアチンを配合。

筋力ダウンを抑制して、美しいスタイルをキープしてくれます。もちろんHMBは、2000mgと高配合!

ダイエットをサポートする麹酵素も配合しているので、女性には嬉しいポイントが満載です。

 

 

今ならスタイルアップキャンペーン中で、初回500円から始めることが出来ます。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?女性の筋肉がつきにくい理由を正しく知って、十分なたんぱく質を摂取し、美容と健康にも役立ててくださいね。

女性向けのトレーニング知識を活かして取り組めば、憧れのメリハリボディも夢ではありません!

 

▼女性に人気の記事

【女性向け】HMBサプリのおすすめランキング5選!効果や口コミも

コアスリマーHMBを実際に飲んでみた!効果や口コミまとめ

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

Holiday Fanの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Holiday Fanの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ホリファン編集部

ホリファン編集部

”休日を楽しむ”ことをモットーにサイトへ遊びに来て頂いたお客様の
お役に立てる情報を編集部で力を合わせて配信しております。